山小屋フィールド・ノート


早池峰の麓山の小さな宿で
「もうひとつの暮らし方」してみませんか・・・


タイマグラは温泉もなければ風光明媚な観光地でもありません。
私たち家族と共に薪ストーブを囲み、食事をし、語り、
薪で沸かした桶の風呂に身をゆだねる。
野山を散策、縁側でのんびり・・・。楽しみ方は無限大です。

家に帰った時、皆さんの日々の暮らしが、そして傍にいる人との
時間が、豊かなものになることを願っています。

※タイマグラとは「森の奥へ続く道」「小さな流れの多い森」の意味。
アイヌ語源らしく諸説言われています。

タイマグラの四季



  命あるもの全てが謳い踊る
躍動のとき


夏 
 真夏日になる日中も熱帯夜知らず。
       蚊帳で眠る夜は大人も子どもも大喜び

秋  川沿いの紅葉は自然がつくる錦絵のよう

冬  静寂が支配する白銀の世界
          寒いけれど宝石のような美しい季節

男女別の相部屋
大人 1泊2食     6000円
(早池峰山・薬師岳への
ガイドについては別途ご相談ください。)
小・中学生 1泊2食 1000円
お昼おまかせコース
1000円(要予約)

寝袋ひとつでやって来た大阪出身の宿主 
お客から住人になってしまった女将 
「寝る客も起こす!?(悪しからず)」元気な三人の息子たちが
お待ちしています!

戦後の開拓地に建てられた農家の出作り小屋に、
最低限の手を入れた小さな小さな小屋です。

季刊「うかたま」農文協・刊に『タイマグラ フィールドノート』
食べること暮すことの周辺連載中。

【問い合わせご予約】

岩手県下閉伊郡川井村字江繋タイマグラ
T/F 0193-78-2888(受付時間8:00〜21:00) 

                          taimagura@mg.0038.net


●早池峰エコツーリズム トップ

●blog  「フィールド・ノートからの便り」

●タイマグラへの地図